楽天ペイを現金化する方法|即日業者&手数料や送金もできる?

楽天ペイは、スマホ一つで気軽に支払いができる決済アプリのひとつ。

支払う度に楽天ポイントが貯まるので、楽天ユーザーには嬉しい特典が多い反面、「残高が中途半端に残ってしまった」と現金化を考える方も多いです。

そこで今回は、楽天ペイの現金化について詳しくまとめました。

楽天ペイ現金化に関する口コミやよくある質問も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天ペイの現金化はできる?

楽天ペイは、”楽天ペイで商品を購入して売却する”という段取りを踏むことで現金化が可能

購入する商品を自分で選ぶ方法と、現金化業者を利用する方法の2種類がありますが、詳しい流れはこの後の【楽天ペイ現金化の方法とは!】で解説しています。

また、楽天ペイは楽天キャッシュと紐付けして「出金」という形を取ることでも現金化できます。

楽天キャッシュには「基本型」と「プレミアム型」の2種類があり、このうち現金化できるのはプレミアム型のみ。

それぞれの特徴とチャージ方法の違いは次のとおりです。

基本型プレミアム型
現金化(出金)×
本人確認無し有り
チャージ方法・楽天カード
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・ラクマ売上金
・楽天ウォレットアプリ暗号資産
・サービスによる報酬などの付与

よく似た「楽天ペイ」と「楽天キャッシュ」ですが、楽天ペイはQRコード等を使ってスマホ決済を行うサービス、楽天キャッシュはオンライン上の楽天サービスに使える電子マネーを意味します。

楽天キャッシュは資金源・楽天ペイは支払い方法の一つであると考えるとわかりやすいでしょう。

楽天ペイ現金化の方法とは!

楽天ペイを現金化する最も代表的な方法は次の2つです。

それぞれの現金化方法について、具体的な方法を解説していきます。

①商品を購入し売却する

楽天ペイを使って購入した商品を、フリマアプリなどで売却して現金化する方法です。

楽天ペイは楽天サービスや楽天ペイ加盟店でのショッピングに使うことができるので、換金率の高い商品を選んで買うことができれば大きな利益を得ることができます。

ショッピングには、現在溜まっている楽天ポイントの利用も可能なので、うまく活用できればもっとお得に商品を購入できるのでおすすめ。

⇒楽天ポイントを活用した現金化方法はこちら

この方法は「モノを買って売る」というシンプルな方法なので、現金化としてはハードルは低いと言えますが、一方で高く売れる商品選びが難しいというデメリットもあります

商品選びにかける時間的余裕がある方、商品の目利きに自信がある方におすすめの方法です。

②楽天ペイに対応した現金化業者を利用する

楽天ペイは、①で紹介したように”商品を購入して売却する”という流れで現金化が可能

自分で商品を購入して売却…となると、商品選びや発送準備に時間がかかり過ぎてしまうというデメリットもありますが、現金化業者なら商品選びから査定・買取までを一貫してプロがサポートしてくれます

現金化業者は査定から振込までスマホやPCで完結できるところが多く、営業時間も実店舗より長いところが多いので、長期休暇や年末年始なども利用できるのが嬉しいポイント。

商品選びに自信がない方や現金化が初めての方、仕事や家事で仕入れの時間がなかなか作れないという方におすすめの方法です。

楽天ペイ現金化が即日できるおすすめ業者

楽天ペイの換金には現金化業者がおすすめと紹介しましたが、「一体どこの業者を利用すれば良いの?」と悩む方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、業界最高峰の買取率と豊富な取り扱いブランド数が魅力の「買取アリアちゃん」。

ここからは、「買取アリアちゃん」の買取率やサービス概要を紹介していきます。

買取アリアちゃん

買取アリアちゃんイメージ
引用元:買取アリアちゃん

買取アリアちゃん」は申し込み前に完全無料の見積もり相談を行ってくれるので、買取が初めての方や他社と比較しながら買取を進めたい方におすすめの買取業者

手続きは全てスマホで完結するので、仕事や家事で忙しい方も安心して利用できます

  • 業界屈指の買取率を誇る
  • 手続きは全てスマホで完結
  • 見積もり相談が完全無料

楽天買取率

初回76.00%

※執筆時点のレート

▼サービス概要

初回買取上限額上限なし
買取対応種類数15種類
最短振込み時間最短即日
営業時間10:00~20:00(日曜定休)

買取アリアちゃん公式サイト

楽天ペイ現金化の口コミとは

楽天ペイの現金化について口コミを検索してみると、特に悪い評判は見つかりませんでした

しかし、上記の口コミのとおり、楽天ペイの後払いが利用できるのは楽天市場のみとなっており、購入できる商品が限られてしまうため現金化目的での利用には不向き

「どうしても残高を出金したい」という場合は別ですが、商品を購入して売却する”という現金化方法を実践するためにあえて楽天ペイを選ぶメリットは少ないでしょう。

楽天ペイと楽天キャッシュで現金化するには

楽天ペイは楽天キャッシュと紐付けすると、「出金」という形で現金化できます。

出金できるのは1,000円以上〜で、出金額が10,000円以上の場合は手数料が無料

9,999円以下の場合、楽天銀行口座なら110円、それ以外の銀行口座の場合は220円の出金手数料がかかります。

送金を現金化する方法

楽天キャッシュは、楽天ペイを経由すれば次の手順で送金できます。

  1. 楽天ペイアプリの右上にある「楽天キャッシュ」をタップして表示
  2. チャージしたい金額とチャージ方法を選択して「チャージする」をタップ
  3. チャージが完了したら「送る」をタップ
  4. 送り先を選択して「メールやSNSで送る」をタップ
  5. 送りたい金額とメッセージ(任意)を入力して送金

送金された金額は楽天ペイの残高となり、【楽天ペイ現金化の方法とは!】で紹介した方法を使えば現金化も可能です。

ただし、送金できるのは受け取る相手も楽天ペイや楽天サービスを使っている楽天会員である場合のみ

楽天銀行はもちろん、他社銀行宛への送金もできないので注意しましょう。

楽天ペイから楽天銀行に入金するやり方

楽天ペイは、楽天キャッシュのプレミアム型を利用している場合のみ残高を自身の楽天銀行宛に入金することができます。

  1. 楽天ペイアプリの「楽天キャッシュ」画面を表示
  2. 「プレミアム型を出金」のボタンをタップ
  3. 画面に従って出金手続きを実施
  4. 指定の銀行口座宛に残金が出金される

上記の方法で出金を行うには、運転免許証またはマイナンバーカードでの本人確認が必須

本人確認が完了するまでには最大5日間程かかる可能性がありますので、いつでも現金化に対応できるようあらかじめ本人確認を済ませておくのが良いでしょう。

楽天ペイは払い戻しNG

楽天ペイは、一度チャージするといかなる理由があっても払い戻し(チャージの取り消し)はできません

しかし、チャージした楽天ペイで買い物した商品をキャンセルする場合は、きちんとキャンセル処理を行えば全額が返金対象

当日にキャンセルを行った場合は当日、翌日以降に行った場合はキャンセル日から10日以内に返金されます。

ただし、取引から長期間経過した場合や、期間限定ポイントの利用期限を過ぎてからキャンセルを行った場合は返金されないのでご注意ください。

楽天ペイ後払いは現金化できない?

楽天ペイの後払いは【楽天ペイ現金化の方法とは!】で紹介した方法で現金化は可能ですが、次のような理由から“現金化には不向きである”といえます。

▼楽天ペイ後払いが現金化に不向きな理由

  • 楽天市場でしか利用できないから
  • 上限金額が53,999円までだから
  • 支払い期日が短いから

通常、楽天ペイは楽天サービスや楽天加盟店ならどこでも利用できますが、後払いが利用できるのはショッピングサイトの「楽天市場」のみ。

「楽天市場ならギフトカードやゲーム機器など市場価値が高い商品があるのでは?」と思われがちですが、下記口コミのように換金率の高い商品には後払いが利用できない商品も多いのです。

また、利用できる上限金額は53,999円までとそこまで高いわけではなく、支払い期日も14日以内と比較的短いため、あえて楽天ペイ後払いを現金化するメリットはないでしょう。

あえて楽天ペイ後払いの現金化を利用するならば、友人や家族に代わって商品購入代行を行うという方法もあります。

友人や家族に欲しい商品を聞いて前金を受け取り、自分は後日後払いで支払いを行うようにすれば即日現金が入手できます。

ただし、繰り返し行うとあなたの信用が失われ、大切な友人や家族を失う可能性もあります。

どうしても現金が必要になった場合の緊急手段として活用するのが良いでしょう。

【Q&A】楽天ペイの現金化によくある質問

楽天ペイ現金化についてよくある質問をまとめました。

楽天ペイ現金化の手数料や上限限度額

楽天ペイと楽天キャッシュで現金化するには】で紹介した方法で現金化を行う場合、手数料とチャージ限度額(1回・月)は次のとおりです。

出金額手数料(楽天銀行)手数料(その他銀行)
10,000円以上0円0円
9,999円以下110円220円
チャージ方法チャージ上限金額
1回
楽天カード最大50万円最大50万円
セブン銀行ATM最大50万円最大50万円
銀行口座最大50万円最大50万円
ラクマ売上金最大10万円最大100万円
楽天ウォレット最大10万円最大10万円

楽天キャッシュは、楽天カード・セブン銀行ATM・銀行口座・ラクマ売上金・楽天ウォレットから1,000円以上から1円単位でチャージ可能。

楽天銀行以外の銀行口座を利用する場合は、事前に本人確認が完了している必要があるのでご注意ください。

ポイントの現金化するやり方

現在溜まっている楽天ポイントは、次に挙げる方法で現金化して使うこともできます。

  • 1ポイント=1円としてショッピングに利用する
  • 楽天ふるさと納税の寄付金としても利用する
  • ポイント運用で利用する
  • 楽天証券で投資信託・国内株式に使う

楽天ペイ現金化の方法とは!】で紹介した方法で現金化する時にポイントをうまく活用したり、ポイントを運用して価値をあげたり直接的ではありませんが様々な方法で現金化が可能です。

ふるさと納税なら自己負担金2,000円で特産品を受け取りながら住民税の控除設けられるので、”実質現金化”という意味では是非活用したいサービスですね。

個人的に注目しているのが、楽天証券を利用したポイントの活用方法

楽天キャッシュは楽天証券での投資信託や積立金の支払いにも利用でき、この支払いの一部にポイントの利用が可能です。

時期によっては資産価値が上がって売却益を得られる可能性もあるので、「楽天キャッシュの残高や貯まったポイントを使わずに持て余している」という方は是非試していただきたい方法です。

チャージの現金化する方法はある?

楽天ペイのチャージ=楽天キャッシュの残高になります。

これを現金化するには、「楽天キャッシュのプレミアム型として出金する」という方法が有効

出金は楽天銀行への入金と同じ、下記手順で実行できます。

  1. 楽天ペイアプリの「楽天キャッシュ」画面を表示
  2. 「プレミアム型を出金」のボタンをタップ
  3. 画面に従って出金手続きを実施
  4. 指定の銀行口座宛に残金が出金される

プレミアム型のサービスを利用するためには本人確認が必須であり、未確認の場合は対象の方法でチャージを行っても現金化できないので注意しましょう。

    タイトルとURLをコピーしました